〜そよ風が吹く丘〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当、人生って何が起こるか分からねぇよな

<<   作成日時 : 2008/11/24 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、おとといは色々な出来事がありましたね〜。と、昨日とおととい前の事を書いていきたいと思います♪

まぁあまり詳しく書いていくとかなりの長文になりかねないので、簡単に書きたいと思います☆(ゝω・)v

おととい前は、コタと小西と俺で3人で1日中鉄拳をプレイしてましたね

相変わらずコタは鉄拳強し…。俺の調子の方はまぁまぁと言った所だったかな?(笑

それにしてもみんな鉄拳やってる奴らうめぇよorz 勝てない勝てない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

というかただ単に俺が弱いだけかも知れないけど\(^o^)/

まぁもう時期BRになるし、段位は別に気にしてはいないんですけど…やっぱり強くなりたいですねー><

強い飛鳥使いの人の動画を見てると、やはり技の引き出し方が上手い。色々な技を上手く使いこなしてるって感じ。

小西の方はペク使い。というかブログでは小西は初登場か(笑。まぁ気にしないでおこうか(ぉぃ

正直、ペクわかんね(;´Д`)俺、ペクの技とかが全然分からないから、普通にペク使いの奴らにフルヌッコされてるw

あの連続攻撃?というかファランも全く分からない・・・(;・∀・) 分からないっていうかただ俺が雑魚過ぎるだけかw

( `д´) ケッ!BRでは、地元の飛鳥使いで一番になってやるぁ〜!←不可

まぁ3人で閉店近くまでゲーセンで鉄拳を楽しくプレイしましたね♪まぁそこまでは良かったんです、そこまでは。

帰り--俺とコタと小西は冷え切った外で、軽く雑談をした。10分ぐらいだろうか?

そんで、0時前に解散となった。コタと小西は、車で帰った。俺はそれを見送ってから、原付に鍵を鎖してONにする。

俺は一瞬目を疑った。あれ・・・?可笑しいな・・・。もう1回、あれ・・・やっぱりだ、









ライト等が点かないぞ?







俺は何度も鍵を鎖しては抜いたりして確かめた。だがライト等、エンジンがかかることは無かった。

畜生・・・俺はこの寒い中、原付を押して家まで夜空を眺めつつ帰宅した

とまぁこんな感じでおととい前は最悪な日となりました

そして、未だになんでいきなり原付が壊れたのかは不明。行く時は別にいつも通りだったのにね(;´∀`)


んで昨日は久々の奴らと遊びましたヘ(゚∀゚ヘ) 高校の時の友達、RYU-KI、スベベ、あだっちと遊びました♪v

午後の1時に俺の家の近くのコンビニ(セブン)まであだっちの車で迎えに来てくれる事に。あだっちは優しいなっvv

久々の対面。あだっちとはこの前会ったばかりだから久々って感じはしなかったケド

RYU-KIとスベベは久々に顔を合わしたね〜。まぁちっとも変わってなかったけど(笑。まぁソレが一番いいんだけどb

まずは洞山の家に行くに決定した。あだっちの車の中はアニソンメドレーオンパレード!!(笑)

どうやらRYU-KIの家で麻雀牌を持って、あだっちの家で4人で麻雀をすることとなった。

その前にセブンで軽くお菓子やら、食べ物を買ってからあだっちの家に向かった---。

相変わらずあだっちの部屋はクラナド尽くしとなっていた。俺もクラナドは好きだ♪アニメも見てて面白いしvv

それに、"クラナドは人生"とまで言っている人もいる。そこまでクラナドは ネ申 なのだ!

テーブルの上がやけに色々なものが乗っていて、マットが引けなかったので軽く皆でテーブルの上を掃除した。

掃除した際にホコリが結構立ったが、5分ぐらいでホコリは殆ど消えた。そして俺たちは麻雀を始めた。

点棒なしという、俺も初めてな麻雀をした(笑)点棒がなきゃ麻雀出来ないんじゃないか?と思ったが

RYU-KI「点棒なしで、あがりだけで(笑)」

俺「マジかよwまぁいいか・・・」

(しかし、点棒がなければ・・・麻雀出来るのか・・・?)

RYU-KI「まぁあれだ、あがったら自己満足みたいな?(笑)」

俺「満足感ですか(苦笑)」

スベベ「まぁいいんじゃないwあがりだけでいいよww」

あだっちもスベベも点棒は不要って感じなオーラを出していた。俺はそこで気づいた。

俺「1000点棒ないと、リーチかけれなくね?(笑)」

RYU-KI「あwそうかw」

スベベ「確かにwwww」

あだっち「うんうんw」

というわけで、点棒は一人づつに1000点棒のみ。リーチかけるとき用(笑

まぁでもなんだかんだいって楽しくワイワイやれたので良かった♪またみんなでこういう風に麻雀したいぜ。

みんなでしばらく麻雀に夢中になった。そしてだんだんみんな疲れ始めてきた。

その後、ゲームやパソコンで動画見たりして楽しんだ。時刻はもう既に18時を過ぎていた。

飯を食べに行く事に。最初はくら寿司だったのだが、かなり混んでいたのでヤメ。

次にびっくりドンキーに向かったが、びっくりドンキーも混んでいた。時間帯的にやっぱりちょいと厳しいのかな?;;

そして最終的に・・・



吉野家になった。


しかもこの前、コタと俺とあだっちで遊んだ時に行った吉野屋だったし…

みんな空腹だったので、食えればいいみたいな感じだったな〜(笑)

スベベが「吉野家は量が少ないな、まだすきやのほうが良いな」とか言ってたが、全く持ってその通りだ。

吉野家よりすきやの方が量が多いし、美味しい。吉野家は量少ないし、俺的にはあんまり好きじゃないな(;><)

スベベ以外にも、RYU-KIもあだっちもすきやのほうが良いとか言ってたきがする(笑)

んで、飯を食べ終わった後、座間のネバーランド2というゲーセンに行った。ネバランはマジレベル高い。鉄拳ねw

まぁネバランで軽く遊ぶ。まぁ一番盛り上がったのは、なんかアイスを取るゲームだったかな〜w

まぁ頑張って400円目にしてハーゲンダッツのアイスをゲットできたが…買った方が安いっていうやんwwwww

メルブラは変なネロがやってて、乱入したが負けて辞め。鉄拳は身内プレイヤー多すぎで、出来なかった

んで帰り。俺たちは普通に信号待ちしていた。運転手はあだっち。あだっちしか車の免許持ってる人いないからw

んで左側がパチンコ屋さんなんだけど、左側から出てこようとした車が待機していた。現在は信号赤だった。

あだっちは後ろの確認のし忘れ・・・なのかなぁ?突如、あだっちは左側の車を入らせてあげようとしてバックした。



ドカッ!


何かに当たった音が車の中に一瞬響いた。そして皆が急にあせり始める。

俺「え!?まさか・・・!?やっちまったか!?」

あだっち「え・・・待てよ・・・待てよ待てよ・・・」

RYU-KIとスベベは後ろの座席だが、二人もオドオドしていた。

とりあえずエンジンを切り、俺は「あだっち外に出た方がいい!」と言い聞かせた。

しかも後ろの車はなんと外車だった。そして乗ってた人も外人だった!これはまずいんじゃないか…?\(^o^)/

俺は後ろを一切見ずに、黙々とさっき400円かけて取ったハーゲンダッツのアイスを食べていた(笑

するとあだっちが帰ってきた。




俺「で、なんだって?!」




あだっち「オッケーだって」



俺&RYU-KI&スベベ「え?」


俺は見てなかったが、あだっちが言うには相手は窓から顔を出してオッケーの合図をしたとか…

どうなっているんだ…?確かにあの音と衝撃は当たったはずだぞ!?なのにオッケーだと…!?ありえないわ!

その後、何事もなかったように車を発進させる。なんだったんだろう…。

しかし相手の車には傷ひとつ付いてなかったとか。うーむ…もしやこっち側が傷ついたんじゃ?と皆で話す。

その時、あだっちはまだ不安感が募っていたのであろう、進路を間違えてしまった。

RYU-KI「あ、今の所曲がるんだよーw」

あだっち「あ、ああ・・・」

動揺しているのも無理はない…確かにあれは誰だって不思議だと思うし、焦ると思われる。

しかしラッキーな気でもした。相手の外人の方も初心者マークが貼ってあったとか。RYU-KIorスベベが言ってた。

もしかしたら相手側も焦って、適当にオッケーと言って済ましてしまったのかも知れない。その可能性もありえるな。

何はともあれ、相手が大丈夫だと言ったのだから大丈夫だ。何も心配する事は無いな♪

んで、最後俺の家の近くのセブンまで送ってくれた。ありがとう、あだっち殿♪♪

セブンであだっちの車の後ろを見たら軽く小さな傷が出来ていた。恐らくさっきので出来た傷だろう。

でもすごく目立たない小さな傷だけで済んだから良いんじゃないかな><b 大丈夫A♪

とまぁ久々に色々な出来事があった土日だったな(笑)というか原付なんとかしてくれ・・・(;^ω^)

あ〜…直さないと会社まで原付でいけないよー;そうなると、バスと電車通勤…



それだけはイヤー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本当、人生って何が起こるか分からねぇよな 〜そよ風が吹く丘〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる